<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

スポンサーサイト

  • 2011.03.17 Thursday
  • :-
  • 『スポンサーサイト』のエントリーを含む「はてなブックマーク」 『スポンサーサイト』のエントリーを「はてなブックマーク」に追加

一定期間更新がないため広告を表示しています








  • web2.0時代のマーケティング
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
  • 『スポンサーサイト』のエントリーを含む「はてなブックマーク」 『スポンサーサイト』のエントリーを「はてなブックマーク」に追加

不況時代。それでも、利益は創れる。

元コカ・コーラ財務担当執行役員の友人の古谷さんと2人で
2月17日にセミナー講師をやります。

ご興味がありそうな方にご案内いただけると幸いです。

■不況時代の「利益の創り方」実務講座
 〜コカ・コーラ、アップル、リクルートに学ぶ3つの収益改善策〜

2008年は「100年に一度」とも言われる世界的不況に見舞われました。
米国の金融危機を発端とした世界同時不況は、日本国内でも多くの企業において
経営環境の急激な悪化を招いています。

そんな不況時代に打ち勝つための「利益体質改善」実務講座です。

本セミナーでは、今後企業再生を戦略的に進めていく上での
収益モデル面・コスト削減面での改革アプローチについて解説いたします。

講義テーマは、「不況時代。それでも、利益は創れる。」

新しい利益の創り方を学びます。

具体的には、サプライチェーン改革により日本市場で4年間に1,000億円
以上のコスト削減効果を上げたコカ・コーラ。その中核会社の財務責任者として、
全体最適評価モデル、リターン分配モデルの構築、運用を主導した古谷文太氏に
「コスト削減して利益率をアップする施策」を解説していただきます。

私が話すのは、「プロフィットモデル転換して利益率をアップする施策」

なので、今回のセミナーを受講すると、

 .灰好蛤鏝査と売上拡大策

2種類の異なる収益改善アプローチが学べます。


詳細&申込は → http://ita3.jp/semi/090217.html








グーグル、任天堂、リクルートは、なぜスピードが速いのか?

本年度最初のセミナーです。

 −会社を儲け体質に変える人材育成メソッド−
新規事業ビジネス化プロデューサー養成講座 全3回
 〜グーグル、任天堂、リクルートの成功要因に学ぶ〜

ご要望の多かった、チームの立ち上げ方、メンバー選定、組織運営、
モチベーション管理に関してもワークショップ形式で講義をします。

今回は特別に女性メンバーの活用方法

・女性脳と男性脳の違い

・女性脳 : 面で見る、近くのものをつぶさに観察、時間軸
・男性脳 : 点で見る、ものの奥行きに強い、空間軸

も解説することにしました。

第2回 1月28日(水) 【オペレーションデザイン編】
〜グーグル、任天堂、リクルートは、なぜスピードが速いのか?〜

 グーグル、任天堂、リクルートのビジネス展開は、なぜスピードが速いのでしょうか?新商品・新規事業を矢継ぎ早に創造し続ける秘密はどこにあるのでしょうか?答えは「企業風土」と「ビジネスオペレーション術」にあります。

 人材輩出企業リクルート15年間のビジネス生活で身につけた「リクルート流の新規事業の立ち上げ方、新商品開発のための発想法」を皆さんと一緒に体験・共有していきます。

 新規事業ビジネスモデル構築の第2フェーズである「オペレーションデザイン(具現化をデザインする)」の思考プロセスを実務レベルで解説します。事業計画書の書き方、チームの作り方、意志決定の方法論を講師の体験をベースに具体的に講義します。

 本講座は、これからの時代に必要とされる革新リーダーである「新規事業ビジネス化プロデューサー」を目指す人、及び目指し始めた人が「実務レベルのスキル」を身につけるためのものです。

1.グーグル、任天堂、リクルートは、なぜスピードが速いのか?
(1)ビジネスプロデューサーの発想術
(2)意志決定ロジックと組織戦略
(3)プロトタイプ、フィジビリスタディ
(4)3階層のビジネスモデル構築法
・コンセプトデザイン(構想化をデザインする)
・オペレーションデザイン(具現化をデザインする)
・プロフィットデザイン(収益化をデザインする)

2.新規事業の立ち上げ方法
(1)何のための新規事業なのか?
(2)トップダウン・メソッド(新規事業開発室方式)
(3)ボトムアップ・メソッド(社内提案制度方式)
(4)新規事業=社内起業
(5)ポケモンは、なぜ大ヒットしたのか?

3.オペレーションデザインの実際
・商品企画と事業企画の違いは何か?
・プロトタイプ作りと顧客ヒアリング
・ホンネを聞き出す魔法の質問術
・実現性とコスト試算
・フィジビリスタディ
・マーケティング戦略

4.MBAでは教えない3タイプの事業計画書とは?
(1)資金調達のための事業計画書
(2)社内承認のための事業計画書
(3)実行のための事業計画書

5.ドリームチームの作り方
・メンバー選出
・モチベーションマネジメント
・意志決定ボード
・撤退ルール
・資本政策
・給与待遇

6.小さく産んで大きく育てる
・「MAXリスク」という考え方
・外部パワーの活用
・EXIT戦略

7.質疑応答

※17:00〜は、軽い飲食を交えた懇親会形式です。

※時間があれば、最近の新ネタ「3W1H理論」も解説します。

 『恋愛脳』 黒川伊保子(著)新潮文庫 定価380円を席上配布いたします。

恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか (新潮文庫)
恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか (新潮文庫)


★黒川伊保子オフィシャルサイト

http://www.ihoko.com/





第3回 3月5日(木) 【プロフィットデザイン編】
〜グーグル、任天堂、リクルートは、なぜ利益率が高いのか?〜


詳細&申し込みは、
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_08380a.html







日本経済新聞11/18夕刊で紹介されました。

日本経済新聞首都圏版夕刊
丸の内キャリア塾11月18日発行号 
第2面「丸キャリNAVI」欄で
私のセミナーが紹介されました。

発行部数が約100万部のメディアで
紹介されるとはビックリです。

どんな反響があることやら・・・



 −会社を儲け体質に変える人材育成メソッド−
■新規事業ビジネス化プロデューサー養成講座 全3回
 〜グーグル、任天堂、リクルートの成功要因に学ぶ〜






第1回 11月26日(水) 【コンセプト・デザイン編】
〜グーグル、任天堂、リクルートは、なぜ勝ち続けるのか?〜

 グーグル、任天堂、リクルートは、なぜ勝ち続けるのでしょうか?新商品・新規事業を矢継ぎ早に創造し続ける秘密はどこにあるのでしょうか?答えは「企業風土」と「ビジネス発想法」にあります。
 人材輩出企業リクルート15年間のビジネス生活で身につけた「リクルート流の新規事業の立ち上げ方、新商品開発のための発想法」を皆さんと一緒に体験・共有していきます。
 新規事業ビジネスモデル構築の第1フェーズである「コンセプト・デザイン(構想化をデザインする)」の思考プロセスを実務レベルで解説します。コンセプト時代の新商品開発、新規事業開発に必要な「新しい視点」を獲得するためのトレーニング術も公開します。
 本講座は、これからの時代に必要とされる革新リーダーである「新規事業ビジネス化プロデューサー」を目指す人、及び目指し始めた人が「実務レベルのスキル」を身につけるためのものです。

1.グーグル、任天堂、リクルートは、なぜ強いのか?
 (1)コンセプトの時代
 (2)勝ち続ける新しいアイデアを生み出し続ける企業風土
 (3)プロデューサーという職種
 (4)新規事業を創出し続けるビジネスシステム
 (5)3階層のビジネスモデル構築法
   ・コンセプト・デザイン(構想化をデザインする)
   ・オペレーション・デザイン(具現化をデザインする)
   ・プロフィット・デザイン(収益化をデザインする)

2.3つのビジネス発想法
・新しい時代に求められる発想法
・ビジネスねたは、どうやって見つけるのか?
 (1)「マイナスゼロ発想法」
 ・不満こそビジネスの宝庫
 ・アスクルの成長戦略とウーロン茶
 ・行動コンテンツと感動コンテンツ
 (2)「ONプラットフォーム発想法」
  ・近未来は予測できる
  ・グーグルの未来戦略と任天堂DS
  ・iPodの戦略
 (3)「パストミー発想法」
  ・苦労した経験はビジネス化できる
  ・利益率が高いパストミー商品とは?
  ・重要なのは「発見力」と「気づき力」

3.実践ワークショップ
・3つのビジネス発想法を実際に使ってみる
・1人ワーク
・グループディスカッション
・全体ディスカッション

4.「新しい視点」を獲得する5つの行動トレーニング術
 (1)「100本ノック」:量は質に転換する
 (2)「自腹カスタマー」:逆転の発想
 (3)「1・2・4の法則」:最強のブレスト
 (4)「イメージング」:創造力より想像力
 (5)「3色ボールペン活用術」:事業アイデア=ヒット商品x緑ペン

5.質疑応答

※17:00〜は、軽い飲食を交えた懇親会形式です。
 『三色ボールペン情報活用術』「角川書店 齋藤孝(著)定価800円」を
席上配布いたします。


第2回 1月28日(水) 【オペレーション・デザイン編】
〜グーグル、任天堂、リクルートは、なぜスピードが速いのか?〜

第3回 3月5日(木) 【プロフィット・デザイン編】
〜グーグル、任天堂、リクルートは、なぜ利益率が高いのか?〜


詳細&申し込みは、
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_08380a.html








グーグル、任天堂、リクルートは、なぜ勝ち続けるのか?

セミナーをやります。

まだ席があるようなので宣伝。

■新規事業ビジネス化プロデューサー養成講座

昨年の同タイトルのセミナーを大幅にバージョンアップして
グーグル、任天堂、リクルートの新規事業の
成功要因を探ることになりました。

ご要望の多かった、チームの立ち上げ方、メンバー選定、組織運営、
モチベーション管理に関してもワークショップ形式で講義をします。

ご興味がありそうな方に、ご案内いただけると幸いです。



−会社を儲け体質に変える人材育成メソッド−

■新規事業ビジネス化プロデューサー養成講座(全3回)

〜グーグル、任天堂、リクルートの成功要因に学ぶ〜

グーグル、任天堂、リクルートは、なぜ勝ち続けるのでしょうか?
新商品・新規事業を矢継ぎ早に創造し続ける秘密はどこにあるのでしょうか?
答えは「企業風土」と「ビジネス発想法」にあります。

人材輩出企業リクルート15年間のビジネス生活で身につけた「リクルート流の
新規事業の立ち上げ方、新商品開発のための発想法」を皆さんと一緒に体験・共有していきます。

コンセプト時代の新商品開発、新規事業開発に必要な「新しい視点」を獲得するためのトレーニング術も公開します。

本講座は、これからの時代に必要とされる革新リーダーである「新規事業ビジネス化プロデューサー」を目指す人、及び目指し始めた人が「実務レベルのスキル」を身につけるためのものです。


詳細&申し込みは、
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_08380a.html








コカ・コーラ財務担当執行役員の実践セミナー

おすすめセミナー

私の友人である、
コカ・コーラの執行役員財務担当バイスプレジデント
古谷文太氏のセミナーです。

http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_08385a.html

ご興味がありそうな人に、ご案内いただけると幸いです。

私も受講生として参加します。

 会社を儲け体質に変える即効改善メソッド

■リアルプロフィット・エンジニアリング

〜「損得学」アプローチで本当の採算を高める〜


本セミナーでは、「リアルプロフィット」(本当の儲け)をする意思決定
メソッドを学びます。

●「売上が伸びてきた。思い切った設備投資をするべきだろうか?」
●「客先の厳しい値引き要求。受けるべきか、断るべきか?」
●「このマーケットでは赤字だ。もう撤退した方がいいのだろうか?」

こうした課題に直面したとき、意思決定の方法を改めて正しい選択をすれば、
今のビジネスからもっと大きな儲けを引き出すことができます。

実際のビジネス現場では、誤った考え方で決定していることによって、多くの儲
けが失われているからです。この意思決定のメソッドは、ロジカルシンキング
(論理思考)をベースに、財務データを駆使して「リアルプロフィット」が最も
大きくなる選択肢を見つけ出すものです。

実際のビジネスの取材から生まれた問題演習とビジネスゲームを通じて、汎用性
の高い基本メソッドと、ビジネス現場で明日から活用できるツールを紹介します。
これらを使えば、マーケティング、研究開発、製造、販売、人事、総務、経理、
社内のあらゆる部署から「リアルプロフィット」が生まれてきます。


■講師プロフィール
古谷 文太(ふるや ぶんた)氏
1965年生まれ。早稲田大学政経学部卒業。技術経営学修士(早稲田大学)。
米国公認会計士。1989年 (株)間組(ゼネコン)に入社し、主に国際事業
部門で財務管理、海外法人の経営などに携わる一方、ネパール山中の道路建設、
インドネシア・ジャワ島におけるプラント建設などにも従事した。2001年 
コカ・コーラに転じ、地域フランチャイズ制の枠を乗り越えた資材の共同調達や
サプライチェーンの再編に携わり、全体最適の評価モデル、そこから生じるリス
ク&リターンの分配モデルの構築・運用を主導した。現在、コカ・コーラナショ
ナルビバレッジ(株)執行役員財務担当バイスプレジデント。

詳細&申し込みは、
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_08385a.html


 







リクルートは、なぜスピードが速いのか?

セミナーの資料を作っている。ちょっぴり公開。

■3階層のビジネスモデル構築法
・コンセプト・デザイン(構想化をデザインする)
・オペレーション・デザイン(具現化をデザインする)
・プロフィット・デザイン(収益化をデザインする)




今回は、第2フェーズである「オペレーション・デザイン(具現化をデザインする)」
の思考プロセスを実務レベルで解説します。

第1フェーズの「コンセプト・デザイン(構想化をデザインする)」に関しては、
コチラを参照

■オペレーション・デザインの実際
 ・商品企画と事業企画の違いは何か?
 ・プロトタイプ作りと顧客ヒアリング
 ・ホンネを聞き出す魔法の質問術
 ・競合調査と成り切りプロファイル
 ・実現性とコスト試算
 ・フィジビリスタディ
 ・マーケティング戦略
 ・立ち上げメンバーの人選とチーム編成

■小さく産んで大きく育てる
 ・最初は2人で始める
 ・「MAXリスク」という考え方
 ・収益モデルの作り方(入門)
 ・成功するPCB理論



 本講座は、
・ビジネスねたは見つかったが、どのように精査していけばよいか分からない。
・3ケ月以内に事業計画書をまとめなければならない。
・事業計画書を作って1ヶ月以内に社内を説得する必要がある。
・立ち上げメンバーの人選・チーム編成がよくわからない。
・マーケットリサーチのやりかたがよく分からない。
・新規事業立ち上げノウハウを基礎から学びたい。
という人が「実務レベルのスキル」を身につけるためのものです。

 新規事業を具現化する時に必要となる「事業計画書」の書き方を
「新規事業開発ワークシート」を使って具体的に講義します。

■MBAでは教えない3タイプの事業計画書とは?
 (1)資金調達のための事業計画書
 (2)社内承認のための事業計画書
 (3)実行のための事業計画書

 立ち上げメンバーの人選・チーム編成に関して、板橋が実際に担当した過去の
プロジェクトを実例としてあげ、具体的に解説します。

 前回「コンセプト・デザイン(構想化をデザインする)」のセミナー時に、
大好評だった

「Rらしさ」
・1分ルール
・3分ルール
・1→2→4の法則
・100本ノック

を体感するミニ・ワークショップも3つやります。

今回は懇親会もあります。こちらも奮ってご参加くださいませ。
人前ではなかなか話せない、R時代の裏話・オフレコ話をするかもしれませんよ!

R時代の板橋プロフィールは、コチラ


■新規事業ビジネス化プロデューサー養成講座

<11月21日>
【オペレーション・デザイン編】 事業計画書策定とチーム編成
  〜リクルートは、なぜスピードが速いのか〜

 詳細&お申込みは、→ コチラ

※セミナー終了後、講師参加の懇親会があります。

<12月11日>
【プロフィット・デザイン編】 収益モデル構築と必勝戦略
  〜リクルートは、なぜ利益率が高いのか?〜

 詳細&お申込みは、→ コチラ

※セミナー終了後、講師参加の懇親会があります。

各回は独立した講座です。







3階層のビジネスモデル構築法

セミナーの資料を作っている。ちょっぴり公開。

■3階層のビジネスモデル構築法
・コンセプト・デザイン(構想化をデザインする)
・オペレーション・デザイン(具現化をデザインする)
・プロフィット・デザイン(収益化をデザインする)

ゼロから1のビジネスを産み出すためには、

 「時間軸」で考える。

クセをつけることが重要。

創業の思考プロセスを盗みとって欲しい。



 プロトタイプを作ること。

誰が?

いくら?

どうやって?

売上予測はあてにならないが、
原価・経費は正確に予測可能。



商品・サービスが「物理的に存在しない」状態の
コンセプト・デザイン(構想化)段階で、

マーケティング戦略、収益モデル構築を論じても
あまり意味がない。 (特に、もりぞー君の場合)

そこそこ論じる程度でOK。

プロトタイプ完成後、

 プロトタイプ → 製品 → 商品 → 儲かる商品

の第2・第3フェーズで考えるべきこと。



※画像をクリックすると拡大されます。

極論すれば、ネタ探しの段階では、

 マーケティング戦略、収益モデル構築は、不要。
     ※商品がないのに、詳細まで収支計算するのは、
      恋人がいないのに結婚式の予算を心配をするようなもの。
      事業規模の目安となるラフなP/Lで充分。
      まずは、恋人候補(プロトタイプ)を探すことが先決。


自力でビジネスを立ち上げた実務経験がない人には、この感覚は分からない。

実務レベルでの「時間軸」での思考プロセス。
・今すぐに必要なこと。
・あとで必要なこと(=今は不必要)。

コン○ル、大学○授、広告○理店の人には語れない世界。

想像するのも困難な世界。

なぜなら、

彼らには、「ゼロから1」を自力で作った経験がないから。

「時間軸」でプロセスを経験したことがないから。

重要なのは、

 「時間軸」で考える。

クセをつけること。


続きは、セミナーで。

■新規事業ビジネス化プロデューサー養成講座

<11月7日>
【コンセプト・デザイン編】
  〜リクルートは、なぜ勝ち続けるのか?〜

 詳細&お申込みは、→ コチラ

<11月21日>
【オペレーション・デザイン編】
  〜リクルートは、なぜスピードが速いのか〜

 詳細&お申込みは、→ コチラ

<12月11日>
【プロフィット・デザイン編】
  〜リクルートは、なぜ利益率が高いのか?〜

 詳細&お申込みは、→ コチラ

各回は独立した講座ですが、 3回分を一括申し込みすると
割引価格が適用されます。

 一括お申込みは、→ コチラ








Web2.0時代の3大革命

セミナーの資料を作っている。ちょっぴり公開。

■Web2.0時代とは?
・Web2.0になって何が変わったのか? 
・3大革命とパラダイムシフト 
・新しい時代に求められる発想術





※画像をクリックすると拡大されます。







 
 
selected entries
categories
archives
recent comment
  • つながった経済知識
    小林 哲人 (11/05)
  • 【今日の記事トレ!】成田−都心 無料ヘリ 全日空、森ビルと組む
    RYO (08/29)
  • 【今日の記事トレ!】成田−都心 無料ヘリ 全日空、森ビルと組む
    板橋@記事トレ! (08/28)
  • 【今日の記事トレ!】成田−都心 無料ヘリ 全日空、森ビルと組む
    RYO (08/25)
  • アップルとEMI、新サービス「iTunes Pass」を発表--段階的なコンテンツ提供が可能に
    もりかわ (03/13)
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
profile
others
mobile
qrcode
みんなのブログポータル JUGEM